Huffpost Japan

宇津井健さん死去 「ザ・ガードマン」「赤いシリーズ」などで活躍

投稿日: 更新:
KEN UTSUI
宇津井健さん | 時事通信社
印刷

「ザ・ガードマン」や山口百恵と共演した「赤いシリーズ」など多くのテレビドラマで活躍した俳優の宇津井健(うつい・けん)さんが3月14日、慢性呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。82歳だった。NHKニュースなどが報じた。

東京都出身。葬儀は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く予定。

宇津井さんは東京都出身で、昭和28(1953)年、早稲田大学在学中に、映画「思春の泉」の主役に抜てきされて、デビューしました。

その後、映画やテレビで二枚目俳優として活躍し、民放のテレビドラマ「赤い」シリーズでは歌手の山口百恵さんと共演し、安定感のある落ち着いた演技で親しまれました。

(NHKニュース「俳優の宇津井健さん死去」より 2014/03/14 21:31)

NHKでは、「武田信玄」や「信長」、「天地人」など、大河ドラマにも数多く出演した。

最近では、人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」にも出演していた。

2006年4月のTBS「渡る世間は鬼ばかり」第8シリーズからは、亡くなった藤岡琢也さん(享年76)に代わり、主人公の岡倉大吉を演じた。

馬術の達人として知られ、映画デビュー作は馬を乗りこなすことが条件だったため、白羽の矢が立ったほど。

近年も映画「ごくせん THE MOVIE」(2009年)「沈まぬ太陽」」(09年)テレビドラマ「相棒」(10年)などに出演していた。

(スポニチ「宇津井健さん 慢性呼吸不全のため死去 82歳 」より 2014/03/14 20:40)

ハフィントンポストの人気記事

Close
NHK画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

宇津井健 - Wikipedia

宇津井 健 | SOMEDAY

宇津井健 とは - コトバンク - Kotobank

宇津井健 のプロフィール - allcinema