Huffpost Japan

安倍首相「国会でiPad解禁も」 小松一郎長官の携帯電話持ち込み問題で言及

投稿日: 更新:
JAPAN DIET
Shinzo Abe, Japan's prime minister, speaks during a budget committee session in the lower house of the Parliament in Tokyo, Japan, on Friday, Feb. 28, 2014. Abe's ruling Liberal Democratic Party is planning a governance code for Japanese companies to boost their competitiveness and enhance investor protection, an official said. Photographer: Haruyoshi Yamaguchi/Bloomberg via Getty Images | Bloomberg via Getty Images
印刷

安倍首相が3月31日の参院決算委員会で、国会の議場内へのiPadなどのタブレット端末の持ち込み解禁も検討すべきとの考えを示した。

小松一郎・内閣法制局長官が25日の参院外交防衛委員会で、議場への持ち込みを禁止されている携帯電話の画面を読み上げて答弁した問題について、民主党の斎藤嘉隆氏の質問への回答で明らかにした

安倍首相は以下の通り答弁した。

「携帯を持ち込んで、委員会と関係のない会話をしたり、メールを見たりということは明らかに委員会の権威を汚すことであり、やってはいけないということになっています。それに近い行為をしたということで注意を受けたことは、小松長官は反省しないといけない。

しかし、小松長官は国会の答弁に関わることについて、一緒にいた人の携帯のメールを紹介したという次第ですので、今後たとえばiPad等を活用した方が、議論において活性化されることがあるかもしれないと申し上げた次第であります」

現在、衆議院の議場では携帯電話やポケベルが使用禁止。参議院ではそれに加えてパソコン、ワープロ、ラジオ、録音機などに類する機器の使用が禁止されている。95〜96年に両院の議院運営委員会で定められたが、安倍首相の発言はこれに一石を投じるものになりそうだ。

東洋大学の山田肇教授は「ITを受け入れない愚かな国会」というハフィントンポストのブログで、国会の議場内のIT規制を以下のように批判していた。

民間でIT機器を持ち込んで会議を進めるのは、それを利用して最新の情報を入手しながら議論しないと、間違った判断をする恐れがあるからだ。事情は国会も同じはずだ。小松長官に謝罪させるよりも、古色蒼然としたルールを改正し、審議にITを利用するように、国会は動くべきである。

【※】国会答弁で携帯電話やiPadなどのタブレット端末の使用を解禁するべきだと思いますか?コメント欄にご意見をお寄せください。

Close
安倍首相のファッション 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

小松氏:携帯頼りの答弁 「持ち込み禁止」ルール破る - 毎日新聞 - 毎日jp

ケータイ読み上げ答弁…小松法制局長官、注意受け撤回

安倍首相、国土強靱化「焦眉の急」=小松法制局長官の更迭拒否

社説:視点:ゆるんだ国会 昭恵さんが奪う対立軸