NEWS

アメリカ株式市場は底堅い企業決算受け続伸、ナスダック上値重い

2014年04月15日 19時29分 JST | 更新 2014年04月29日 17時24分 JST
Reuters

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 15日の米国株式市場は不安定な展開となったが、続伸して終了した。コカコーラやジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の底堅い決算が株価を押し上げた。

一方、引き続きモメンタム株が売られ、ナスダックの上値は重かった。

米飲料大手コカ・コーラは3.7%高。四半期決算で売上高が市場予想を上回ったことが好感された。販売は欧州で落ち込み、北米は横ばいだったが、中国が堅調だった。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは2.1%上昇。決算が予想を上回り、通年の利益見通しも引き上げた。

半面、電気自動車大手テスラ・モーターズは2.1%安、オンライン動画配信大手ネットフリックスは1.6%下落。医療機器メーカーのインテュイティブ・サージカル は1.9%下げた。

主要な株主からの買収提案の拒否を発表した家具リース・販売のアーロンズは4%下落。

特殊プリンター・メーカーのゼブラテクノロジーズは、米通信機器大手モトローラ・ソリューションズの企業向け事業を34億5000万ドルの現金で買収すると発表。モトローラ・ソリューションズは0.6%、ゼブラテクノロジーズは10.1%それぞれ下落した。

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値     16262.56(+89.32)

前営業日終値    16173.24(+146.49)

ナスダック総合<.IXIC>

終値         4034.16(+11.47)

前営業日終値    4022.69(+22.96)

S&P総合500種<.SPX>

終値         1842.98(+12.37)

前営業日終値    1830.61(+14.92)

*内容を追加して再送します。