NEWS

「アナと雪の女王」興収100億円突破、ディズニー史上最速 「アルマゲドン」超えるか

2014年04月21日 19時01分 JST | 更新 2014年04月21日 19時01分 JST
「アナと雪の女王」

3月に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王』が、興行収入100億円の壁を突破した。公開37日目となる4月19日に100億円を達成し、ウォルト・ディズニー・スタジオジャパンの作品史上、最速で記録を更新した。オリコンなどが報じている。

大ヒット中の映画『アナと雪の女王』が、ついに興行収入100億円の壁を突破した。先週末の18日(金)に公開36日間で動員800万人を突破(これまでは『ファインディング・ニモ』の42日間)、翌19日(土)に公開37日間で興収100億円を達成(これまでは『アリス・イン・ワンダーランド』の38日間)し、動員・興収ともにウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの歴代最速記録を更新した。



(オリコン「『アナと雪の女王』ディズニー史上最速で興収100億円突破」より 2014/04/21 13:07)

国内興収100億円を突破したのは、2013年公開の「風立ちぬ」以来。国内で上映された洋画としては、4年ぶりの快挙となった。最終的には、同社配給作品の興収歴代1位「アルマゲドン」超えも視野に入ったという。

国内興収100億円突破は昨年の「風立ちぬ」(約120億円)以来。洋画としては、2010年の「アリス・イン・ワンダーランド」(約118億円)「トイ・ストーリー3」(約108億円)「アバター」以来、4年ぶりの快挙となった。

最終的には140~150億円が見込まれ「風立ちぬ」超えはもちろん、同社配給作品の興収歴代1位「アルマゲドン」(約135億円)超えも視野に入った。



(スポニチ「「アナと雪の女王」興収100億円突破!アルマゲ超え視野」より 2014/04/21 13:07)

「アナと雪の女王」は、先日発表された第86回アカデミー賞では「長編アニメーション賞」と「主題歌賞(Let It Go)」を受賞。2013年11月末にアメリカで公開され大ヒットしたのを皮切りに、最後の公開国となった日本でも1位を獲得。これにより、世界50カ国の興行成績ランキングで1位を達成している

100億円突破を記念し、監督のクリス・バック、ジェニファー・リー氏がコメントを寄せている。

日本の皆さんへ。『アナと雪の女王』の歌やストーリー、そしてキャラクターたちにたくさんの愛情を注いで頂いて、私たちは心から感謝しています。先日東京を訪れる機会に恵まれ、この映画の完成を祝う素晴らしいイベントにお招き頂きました。その時はまるで夢のようなひとときでした。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのスタッフ一同から皆さんへ、オラフのように「あったかいハグ」をお届けします。



(THE PAGE「『アナと雪の女王』 洋画として4年ぶりの興行収入100億円突破」より 2014/04/21 13:26)

【「アナと雪の女王」関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Politicians Who Look Like Disney Characters