NEWS

サメがサメに噛み付き......水族館は謝罪

2014年05月04日 23時00分 JST | 更新 2014年05月04日 23時05分 JST

4月28日午前11時頃、アクアワールド茨城県大洗水族館で、サメがサメを飲み込もうとする事件があった。飲み込もうとした大型のサメは全長2.8メートルのシロワニと呼ばれる種。噛み付かれたネムリブカは1.6メートル。40分に渡って飲み込もうとし、その後、ネムリブカは死んだという。

shirk

この水槽は大型のサメたちが暮らす水槽なのですが、 その中でも一番大きなシロワニが小さなネムリブカをガブリ・・・

飼育員が駆け付けた時には口の中からサメの尾が見えているだけの状態でした。

小さなネムリブカとはいえ全長は1.6m、噛み付いたシロワニは2.8m、 それにシロワニの歯は鋭いものの噛み切ることができず、丸呑みしかできません。

私たち飼育員もまさか丸呑みにしようとはしないと信じていました。 ましてや、このシロワニは最近食欲不振から立ち直ったばかりでしたから。

事件が起きてから、約40分間シロワニも何とか飲み込んでしまおうと、 四苦八苦していましたが、結局は諦めて吐き出してしまいました。

ここでまた、咥えさせてしまうとシロワニの方にもダメージを与えてしまう可能性が あるため、ネムリブカを急いで拾い上げました。



(アクアワールド茨城県大洗水族館「お騒がせしました・・・」より 2014/04/28)

水族館は「お客様を驚かせてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪している。

【サメ関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

深海ザメの奇妙な姿