NEWS

たった一人の男が戦車を止めた交差点はいまーー天安門の25年【画像】

2014年06月06日 01時02分 JST | 更新 2016年09月13日 17時16分 JST

天安門事件から25年が経過した。中国人民解放軍が自国の国民に向かって進軍し虐殺を行った同事件に関して、中国政府は徹底した情報統制を行っているが、以下の写真は歴史の真実を伝えている。

before

before

戦車の列をとめるべく立ちふさがった「戦車男」は、天安門事件を象徴する存在となった。右は、その約25年後の2014年5月24日に、同じ場所を撮影したもの(天安門前の10車線道路、北京飯店南西の交差点)。

before

before

自転車デモ。壁には、「全市民を動員して戒厳令を打ち破り、北京を守ろう」と書かれている。天安門に通じる陸橋の上には戦車が配備されている。右は、2014年5月29日に同じ場所を撮影。陸橋の下を、人民武装警察部隊のジープが走っている。

before

before

散らかった天安門広場で休息する学生たち。政府の改革を求めた抗議活動は3週目に突入していた。右は、スマートフォンやデジタルカメラで記念写真を撮る中国人観光客たち。2014年5月31日撮影。

before

before

ハンガーストライキの3日目。倒れた北京大学の学生を、医師たちが天安門広場から急送している。右はその25年後。制服を着て、赤い旗を手にバスに乗り込んでいるのは、中国少年先鋒隊(中国共産党配下の青少年組織)の高校生たち。天安門広場にある人民英雄紀念碑の警備という形式的な役割を務め終えたところだ。

before

before

1989年4月18日、北京の人民大会堂の前で勇敢に座り込みを行う人々の前で、中国人の学生リーダーが要求のリストを読み上げている。右はその25年後。歓迎式典の栄誉礼のために、行進で位置につく中国人民解放軍の兵士たち。

[Charlotte Meredith and Elliot Wagland (English) 日本語版:緒方亮/ガリレオ]

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています