chugokuseifu

「劉霞氏は夫の葬儀後、強制失踪状態にあり、健康と安全が懸念される。」
中国政府による汚職撲滅運動は、国営メディアにも変化を与えている。これまでの慣行を破り、大手国有企業などの不正行為を報道し始めている。
中国政府は6月24日、北京の天安門前で2013年10月に起きた車両突入事件で、犯行車両が観光客らを次々とはねる衝撃的なシーンを含む「テロ映像」を公開した。
天安門事件から25年が経過した。中国人民解放軍が自国の国民に向かって進軍し虐殺を行った同事件に関して、中国政府は徹底した情報統制を行っているが、以下の写真は歴史の真実を伝えている。
笑顔の人々や、踊っている子供たち――以下の画像集では、1989年に起きた天安門事件の暴力的なイメージとはかけ離れた光景を見ることができる。
1989年、中国・北京の天安門広場で、民主化を求めるデモ隊を人民解放軍が武力弾圧した、いわゆる天安門事件から、6月4日で25年になる。画像と動画を集めた。
習近平国家主席は前任者たちと同様、天安門事件を含めたさまざまな事柄についての議論を統制しようと無駄な努力を続けている。中国政府は6月4日に関する議論を禁止し、また積極的な道を探ろうとする政府から独立した意見も封じることで、1989年の過ちをかえって複雑なものにしている。
中国政府は1月下旬、ネットに動画を投稿する際には実名を登録することを義務付けた。
ダボス - パワーエリートが集まって世界情勢について年一回話し合う会議でも、中国の影がこれまでになく大きくなってきた。もう10年も経てばおそらく世界最大の経済大国となっているだろう。経済の重心が動くだけでなく地政学的にも、そして文明のバランスも大きく変わろうとしている。
中国の4大国有商業銀行すべてが、北朝鮮への送金業務を停止していることが分かった。4銀行の複数の関係者によると、いずれも北朝鮮のミサイル発射や核実験を受けた制裁措置の一環で、中国政府機関からの直接の指示があったという。北朝鮮に対する中国の懸念を示すもので、中国で働く北朝鮮人の本国送金などに影響が出ているとみられる。