NEWS

銃乱射で12人殺傷した韓国兵の身柄確保 両親が説得中に自殺図る

2014年06月23日 19時30分 JST | 更新 2014年06月23日 19時52分 JST
Handout via Getty Images
GOSEONG-GUN, SOUTH KOREA - JUNE 22: (SOUTH KOREA OUT) In this handout provided by the Hong Jin-Hwan-Donga Daily, South Korean soldiers patrol as they search for a soldier who is on the run after a shooting on June 22, 2014 in Goseong-gun, South Korea. An army sergeant killed five soldiers and injured seven in a grenade and gun attack at a base in Goseong county. (Photo by Hong Jin-Hwan-Donga Daily via Getty Images)

北朝鮮との軍事境界線付近の陸軍部隊で12人が死傷した銃乱射事件で、韓国軍は山中に逃走していた兵士の身柄を6月23日午後に確保した。兵士の両親らが約10メートルの距離まで近づき、投降するよう説得している最中に、自ら脇腹の辺りを撃って自殺を試みたところを取り押さえられた。命に別状はないという。時事ドットコムなどが報じた。

逃走していた兵士(21)は23日午後、自ら脇腹の辺りを撃ち、自殺を図った。包囲していた軍が身柄を確保。兵士は病院に運ばれたが、今のところ命に別条はないもよう。国防省が明らかにした。

(時事ドットコム「乱射の兵士、自殺図り病院搬送=両親説得中に-韓国」2014/06/23 15:53)

朝日新聞デジタルでは、乱射事件の顛末を次のように報じている。

事件は韓国北東部・江原道高城(カンウォンドコソン)郡の軍事施設付近で発生。兵長が同僚らに手投げ弾を1発投げ、小銃を乱射し、5人が死亡、7人が負傷した。兵長が逃走したため、軍当局は各地で検問を行うなど大規模な追跡活動を展開。22日午後に兵長が見つかったものの、韓国軍との間で銃撃戦が起き、新たに兵士1人が負傷。軍が兵長を包囲し、父親が携帯に電話するなどして投降を呼びかけていた。

(朝日新聞デジタル「銃乱射した韓国兵の身柄確保 包囲時、自殺を試みる」2014/06/23 15:59)

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています