NEWS

タイ、タクシン派政党が軍事政権への反対運動を開始

2014年06月24日 15時19分 JST | 更新 2014年06月24日 15時22分 JST
Reuters

タイのタクシン派政党であるタイ貢献党のジャルポン党首は24日、国民向けの公開書簡を公表し、軍事政権に対する反対運動を開始する意向を示した。

先月のクーデター後、軍事政権に対する組織的な抵抗の動きが出たのは初めて。

同党首は「軍事独裁と上流階級のネットワークに反対」し、民主主義を取り戻すと表明。クーデターで全権を掌握した国家平和秩序評議会に合法性はなく、ある時点で民政に移行するとの公約は疑わしいとの見方を示した。

同党首が、具体的にどのような反対運動を展開するは不明。運動の拠点をどこに置くのかも明らかにしていない。

タクシン元首相のスポークスマンは今月5日、カンボジアからロイターのインタビューに応じ、国外を拠点に反対運動を展開する意向を示している。[バンコク 24日 ロイター]

【関連記事】

関連記事

タイ軍、クーデターを宣言
タイ 反政府デモ 画像集