NEWS

ジョコビッチが優勝 テニス・ウインブルドン男子シングルス

2014年07月06日 20時11分 JST | 更新 2014年07月06日 20時12分 JST

イギリスで行われているテニスの4大大会、ウインブルドン選手権で7月6日、男子シングルスの決勝が行われ、セルビアのノバク・ジョコビッチがスイスのロジャー・フェデラーを破って、3年ぶり2度目の優勝となった。

第1セットは互いにサービスゲームをキープし合ってタイブレークとなりましたが、ジョコビッチ選手に僅かなミスが出て、6-7で取られました。

第2セットは積極的に前に出てくるフェデラー選手に対し、ジョコビッチ選手はパッシングショットがさえて先にサービスゲームをブレークし、6-4で取り返しました。

第3セットは再びタイブレークとなりましたが、ジョコビッチ選手が7-6で取り、第4セットは一時はフェデラー選手をマッチポイントまで追い詰めましたが、そこから粘られて5ゲームを連取され、5-7で取られました。

最終の第5セットも接戦となりましたが、ジョコビッチ選手が6-4で取ってセットカウント3対2として、4時間近くかかった熱戦を制しました。

(NHKニュース「ウィンブルドン ジョコビッチ2回目の優勝」より 2014/07/07)

ジョコビッチのTwitterでは、試合後、家族と撮影した写真が投稿されている。

2014ウインブルドン 男子シングルス決勝

【テニス関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています