NEWS

【台風8号】目がくっきり 宇宙飛行士が上空400キロから撮影(画像)

2014年07月07日 21時41分 JST | 更新 2014年07月08日 21時38分 JST

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在するアメリカ人の宇宙飛行士リード・ワイズマン氏は7月6日、日本に向けて接近する台風8号の写真をTwitterに掲載した。

ISSは地球の上空約400キロで地球を周回している。ワイズマン氏の写真では白い雲が大きな渦を巻き、中央部分に「台風の目」がくっきりと写っており、非常に勢力が強い様子が伝わってくる。ワイズマン氏は「ノグリー(台風8号)が日本に接近。視界のほとんどが覆われているよ!」と興奮した様子でツイートしている。

台風8号について気象庁では「7月としては過去最強クラスの台風で最大級の警戒が必要」と警戒を促している

【UPDATE】ワイズマン氏が7日に撮影した台風8号の目を追加しました。(2014.07/09 09:38)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています