NEWS

童話「おおきなかぶ」。あの巨大カブが抜けなかった理由

2014年07月30日 19時23分 JST

とある、おじいさんが植えたカブ。ところが、おじいさんの予想を超えて、カブはどんどん巨大に。おじいさん一人では、とうてい抜けず、みんなで大きなカブをみんなで力を合わせて抜こうとするのだが……。

ロシアの民話をもとに、日本で1966年に初版が発売され、ロングセラーとなっている童話「おおきなかぶ」。どうしてカブが抜けなかったのか。その理由はなんと……

なんと、抜こうとしているカブに、おじいさんが足を載せていた!

明らかになった事実を受けて、「おじいさんがみんなとの絆を取り戻すためにわざと踏んでいる」という新解釈も、生まれているとか、いないとか……。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています