NEWS

【タバコ】喫煙率、ついに20%割れ 吸い続けているのは女性か

2014年07月31日 00時41分 JST | 更新 2014年08月01日 01時43分 JST

日本たばこ産業(JT)は7月30日、国内でタバコを吸う人の割合(喫煙率)が19.7%となり、初めて20%を下回ったと発表した。20%を割り込んだのは1965年の調査開始以来初めて。

タバコを吸う人の割合は、ピーク時の1996年は49.4%と約2人に一人の割合だったが、その後は右肩下がりとなり、現在は5人に一人まで減っている。

JTは、消費税率引き上げでたばこが値上がりしたことや、健康意識の高まりなどが要因と見ている。NHKニュースによると、JTは「喫煙に対する規制の強化なども影響して、ほとんどの年代でタバコを吸う人の割合は減っており、この傾向は今後も続くのではないか」とコメントしているという。

■喫煙を続けるのは女性か

喫煙率が大きく減少しているのは20代だ。喫煙率を男女別に見てみると、男女問ともに喫煙率は低下している。男性は全年代で喫煙率が低下しているのに対し、女性は40代・50代が横ばいで推移している傾向がある。1990年代から2000年代前半にかけて20代で喫煙を始めた女性が、その後も喫煙を続けていることも考えられる。

 JT「全国たばこ喫煙者率調査」より喫煙率の推移

JT「全国たばこ喫煙者率調査」より喫煙率の推移

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

「禁煙すると得られる10の利点」