NEWS

高橋大輔選手「パワハラ、セクハラはない」 橋本聖子氏とのキス報道に見解

2014年08月22日 00時27分 JST | 更新 2014年08月22日 00時29分 JST
時事通信社

フィギュアスケート男子の高橋大輔選手(28=関大大学院)が8月21日、2月にあったソチ・オリンピックの打ち上げパーティーで、日本スケート連盟会長で自民党の橋本聖子参院議員(49)からキスを強要されたと週刊文春が報じたことについて、「パワハラ、セクハラとは思っていない」などと語った。日刊スポーツなどが報じた。

2月のソチ冬季五輪閉会式後の打ち上げパーティーの酒席での一件について高橋は「大人と大人がハメを外しすぎたということで、お酒が入ってしまい、はしゃぎすぎてああなった。反省してますがパワハラ、セクハラ(をされた)とは一切、思っていない」と語った。

今日22日開幕の「フレンズオンアイス」の公開リハーサルが行われた新横浜スケートセンターで語った。既に所属事務所が「スケート界では健闘をたたえて、ハグやキスをすることはよくあることです」と説明していたが、それを追従するものとなった。

(日刊スポーツ『高橋キス報道に答えた「ハメ外しすぎた」』より 2014/08/22 08:30)

高橋選手はまた、ソチ・オリンピックに向けて禁酒していたことを明らかにし、「酒を飲んだ中でも、もう少し考えて行動をしないといけない」と話した

橋本氏は20日に「キスを強制した事実はありません」とするコメントを発表、セクハラやパワハラにはあたらないとの認識を示している

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

ソチオリンピック注目選手 画像集