NEWS

「こびとづかん」手がけた長崎出版が自己破産 現在の出版社が声明「誤解を招く」

2014年09月30日 18時08分 JST | 更新 2014年09月30日 18時16分 JST

児童書「こびとづかん」シリーズで知られていた長崎出版が8月22日、東京地裁へ自己破産を申請し、9月30日までに破産手続き開始の決定を受けた。負債は約17億4001万円。

帝国データバンクによると、長崎出版は2006年より販売した「こびとづかん」シリーズのヒットを受け、年売上高は2013年4月期には約16億2300万円にまで拡大していたという。しかし、2013年末までにトラブルから『こびとづかん』シリーズの扱いを中止する事態に陥っており、取引先への支払いが滞る状況などが発生したという。

2007年4月期に約1億1000万円だった年売上高は、2013年4月期には約16億2300万円にまで拡大した。
 
この間、グループ会社を相次いで設立するなど、ホールディングカンパニー制を目指し、その一環で2013年7月には古着ショップを全国展開する企業を買収。辻氏が同社の代表に就任したものの、同年8月に同社代表を辞任したほか、昨年末までにトラブルから『こびとづかん』シリーズの扱いを中止する事態に発展。今年1月頃より実質的に営業を停止し、取引先への支払いが滞るなど動向が注目されていた。
 
(帝国データバンク「大型倒産速報 「こびとづかん」 シリーズで知られた児童書出版 長崎出版株式会社など5社破産手続き開始決定受ける 負債17億4001万円」より 2014/09/30)

kobito dukan

こびとづかん / なばた としたか さく(長崎出版)

「こびとづかん」の書籍出版は、2014年9月現在ではロクリン社が担当している。ロクリンシャは、今回の一連の報道について、一部で誤解を受けるような記事が掲載されているとして声明を発表した。

本日の一部報道について

本日、一部報道において、「こびとづかんの出版社が破産」という、誤解を招く表記の記事が掲載されたようです。
しかし、実際には、同記事内にも記載がございました通り、破産した長崎出版株式会社は「こびとづかん」シリーズの前・出版社にすぎず、同社の出版契約は既に終了しております。
現在、「こびとづかん」シリーズは弊社が出版しており、弊社は今後も同シリーズの展開を続けていく予定です。
 
読者、および書店の方をはじめとする皆様には、本件において大変なご心配をおかけいたしました。
今後も「こびとづかん」シリーズをどうぞよろしくお願いいたします。
 
平成26年9月30日
ロクリン社
 
(ロクリン社「本日の一部報道について」』より 2014/09/30)

なお「こびとづかん」の作者、なばたとしたかさんは、「コビト達にはなーんにも関係ない話」とツイートした。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

誕生50周年記念 ぐりとぐら展