NEWS

北朝鮮の豪華スキーリゾート・馬息嶺ホテルに行ってみた【画像集】

2014年10月05日 19時28分 JST | 更新 2014年10月05日 19時28分 JST

9月20日、北朝鮮で第2次大戦に伴って北朝鮮で肉親を亡くした墓参団と同行メディアは、多くの日本人が収容され死亡した咸興(ハムン)の街へ向かっていた。

【関連記事】

》【北朝鮮・墓参紀行】「10回目の墓参団、平壌に到着」

》【北朝鮮・墓参紀行】会寧・清津 亡き父に捧ぐ平和への祈り

》【北朝鮮・墓参紀行】69年ぶりの清津「住みよい街になっててほしい」

》【北朝鮮・墓参紀行】咸興、多くの日本人が収容され、死亡した街はいま

ホテル入り口のゲート

首都・平壌から道路をひた走ること約2時間半、北朝鮮南東部の江原道の山中にあるリゾートホテルに、一行は案内された。

エントランス

本館全景

2013年12月31日から営業を開始した「馬息嶺(マシンニョン)スキー場」と併設の馬息嶺ホテルは、金正恩・朝鮮労働党第1書記の肝いりで建設され、着工からわずか7カ月で完工したという。現地の国営メディアや看板などでは、建設現場や農業などあらゆる作業のスピードアップを呼びかける「馬息嶺速度」というスローガンが盛んに使われている。

2等室の客室

2等室の廊下

ホテルは全120室ある。2等室に案内された。ツインで2人使用の場合、約190ドル。工事中の1等室は約250ドル、4人で使える家族部屋は280~290ドルとのことだった。

7階からゲレンデを見る

工事作業員とみられる男性のグループ

スキー場として10のゲレンデを備えているが、開業時に完成したコースは2つ。訪れた日も、あちこちで工事が進められていた。

「冬はスキー、夏は登山やホテル施設の利用者を想定している。外国人ではヨーロッパからの利用者が多い。日本から観光客が訪れたこともある」と、フロント係は話した。営業開始後は、海外メディアや外国大使館関係者を招待するなどして、1カ月で約1万人の宿泊客があったという。訪れた9月20日はオフシーズンということもあってか、宿泊客は4人だった。

2階の売店には日本の発泡酒も並んでいた。

地下2階にはプールもある。

理髪店もある。番号を指定すれば好みの髪形にカットしてくれる。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

室内やホテル設備などの画像は、以下のスライドショーを参照。

関連記事

北朝鮮の豪華スキーリゾート・馬息嶺ホテル