NEWS

「卒業」の映画監督、マイク・ニコルズさん死去

2014年11月21日 00時32分 JST | 更新 2014年11月21日 00時47分 JST

アメリカの映画監督で、「卒業」「ワーキング・ガール」などを制作したマイク・ニコルズさんが11月19日、死去した。83歳。

ワシントン・ポストによると、ニコルズさんはドイツのユダヤ人家庭に生まれ、7歳のときにナチス・ドイツの迫害から逃れてアメリカに移住した。シカゴ大学を中退してに芸能界に入り、コメディアンなどとして活動したあと、映画監督として数々の名作を生み出した。1967年公開の「卒業」でオスカー賞の最優秀監督賞を受賞した。

映画「卒業」

「バージニア・ウルフなんかこわくない」

映画「バージニア・ウルフなんかこわくない」

ブロードウェイ・ミュージカルの「アメリカの天使」「アニー」なども演出した。

エミー賞(テレビ)、グラミー賞(音楽)、オスカー賞(映画)、トニー賞(演劇)すべてで受賞歴のある監督でもあった。

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています