NEWS

女性のほうが投票率が高かった、たったひとつの県【衆院選投票率マップ】

2014年12月15日 17時11分 JST | 更新 2014年12月15日 22時41分 JST
ASSOCIATED PRESS
A man casts his vote for parliament's lower house election at a polling station in Tokyo, Sunday, Dec. 14, 2014. Japanese voters headed to the polls Sunday in a parliamentary election that is expected to reaffirm the ruling Liberal Democratic Party's majority, though many analysts were predicting a record low turnout. (AP Photo/Eugene Hoshiko)

12月14日に投開票された衆議院選挙の投票率データが、15日、総務省から発表された。都道府県別で見て、もっとも投票率が高かったのは島根県(59.24%)、低かったのは青森県(46.83%)だった。

男女別に見ると、高知県は、全都道府県のなかでたった1県だけ、男性より女性の投票率が高かった。

投票率ベスト5

1位 島根 59.24%

2位 山梨 59.18%

3位 山形 59.15%

4位 佐賀 57.77%

5位 北海道 56.35%

投票率ワースト5

1位 青森 46.83%

2位 徳島 47.22%

3位 富山 47.46%

4位 福岡 48.81%

5位 石川 49.16%

投票率・男女差の小さい都道府県ベスト5

1位 高知 マイナス0.50%(女性が多い)

2位 山口 0.41%

3位 大阪 0.73%

4位 山梨 0.76%

5位 福岡 0.79%

投票率・男女差の大きい都道府県ベスト5

1位 新潟 5.23%

2位 山形 4.58%

3位 富山 4.32%

4位 秋田 3.79%

5位 石川 3.61%

voterate

地図の制作はGeoFUSEを用いた。

【衆院選】写真で振り返るあの人、あの場面

【投票率関連の記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています