NEWS

キューバ経済が60年代からまったく進歩していないことがわかる36枚の写真

2014年12月25日 00時40分 JST | 更新 2015年05月29日 23時41分 JST
Spencer Platt via Getty Images
SANTIAGO DE CUBA, CUBA - MARCH 24: People fill the street in a busy downtown neighborhood on March 24, 2012 in Santiago de Cuba. Fourteen years after Pope John Paul II visited Cuba, Pope Benedict will arrive into the communist country on Monday the 26th. Benedict, who will be arriving from Mexico, will conduct a mass in the city of Santiago de Cuba first followed by a mass in Havana before leaving on the 28th. Tensions are high in Cuba between dissidents and the government as activists hope the international exposure of the Papal visit will result in renewed attention to their struggle for greater freedoms. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)

キューバ経済は、これまで半世紀以上ほとんど微動だにしてこなかった。そのため、現在と数十年前の写真を比較しても、どちらがどちらか言い当てることは難しい。

この共産主義国家は、少なくとも表面的には、アメリカから初めて経済制裁を受けた1960年以来ほとんど変化してこなかった。2014年12月18日、もうまもなくその制裁も緩和されると、オバマ大統領は声明を出した。しかし、これまでキューバの経済は共産主義政策によって停滞し、世界の中でも孤立してきた。キューバは、過ぎ去った時代の「タイムカプセル」のような存在になっていたのである。

キューバに投資を行った国々もあったが、この国を21世紀へ完全に移行させることはなかった。首都ハバナのインフラ開発も進んでいない。キューバ国民は今でも、主として農業や漁業といった伝統的な商売を営んでいる。多くのキューバが今も使っている1950年代製の自動車は、キューバ文化の象徴となった。

キューバは経済を維持するために、ロシアやベネズエラといった国家からの補助金に頼ってきたが、これもまた減少傾向にある。現在1人あたりのGNP(国民総生産)は、わずか5,890ドルで、アメリカの10分の1。世界ランキングの中では、トルクメニスタンやアフリカのガボン共和国よりも下であると、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。CIAによると、キューバの生活水準は、ソ連崩壊以前よりも下回っているとのことだ。

しかしアメリカとの国交回復により、キューバは世界に追いつくための足がかりを得ることができるかもしれない。そしてきっと、ハバナを走るクラシックカーの数々を懐かしく思うようになる日も、近いかもしれない

以下の写真から、1960年代以来キューバの経済がほとんど変化していないことがわかる。

  • Hulton Archive/Getty Images
    1950年 - キューバの首都ハバナ。狭い通りに車が停まり、日陰を歩く歩行者たち。当時、これらの車は新型だった。現在でも同じ車が走っている。\n
  • Elizabeth Frey/Three Lions/Getty Images
    1950年ごろ - キューバ、オリエンテ州。掘っ立て小屋の外で遊ぶ子供たち。
  • Gilberto Ante/Roger Viollet/Getty Images
    1960年ごろ - キューバの砂糖工場で働く労働者たち。かつてキューバは、世界でも有数の砂糖輸出国だったが、砂糖産業のグローバルシェアは1960年代の12%からわずか1%まで落ち込んでいると、 ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。
  • Gilberto Ante/Roger Viollet/Getty Images
    1969年ごろ - マンサニヨの漁師たち。EDF(環境防衛基金)によると、近年キューバの漁業は乱獲によって悪影響を受けている。
  • Francoise De Mulder/Roger Viollet/Getty Images
    1980年 - ハバナの通りに停められた、1950年型シボレー。
  • Francoise De Mulder/Roger Viollet/Getty Images
    1988年 - ハバナの通りで空のボトルを分別する男性たち。
  • Francoise De Mulder/Roger Viollet/Getty Images
    1988年 - アーネスト・ヘミングウェイも通っていた、ハバナで最も有名なバー、ボデギータ・デル・メディオ。貿易禁止の解除は、キューバ産の蒸留酒、特にラム酒のルネサンスを巻き起こす可能性もあると、 ニューヨーク・ポストは伝えている。
  • ADALBERTO ROQUE/AFP/Getty Images
    1993年 - 釣ったばかりの魚を売る、漁師とその妻。以前この夫婦は、楽しみのためだけに魚を獲っていたが、経済危機によって魚を販売しなければならなくなった。
  • Independent Picture Service/UIG via Getty Images
    1994年 - ビニャーレス渓谷の農民と雄牛たち。近年、最新式の農機具が不足するキューバの農業は苦境に陥っていると、テレグラフは伝えている。
  • Independent Picture Service/UIG via Getty Images
    1994年 - キューバの田舎道で自転車に乗る2人。\n
  • Independent Picture Service/UIG via Getty Images
    1994年 - バナナを積み込む農家の人々。
  • ADALBERTO ROQUE/AFP/Getty Images
    1995年ごろ - キューバの最重要タバコ・プランテーションの1つであるサンフアン・イ・マルティネスの工場で働く労働者とその娘。
  • Peter Bischoff/Getty Images
    1997年 - ハバナ郊外の蒸気機関車。
  • Ulrich Baumgarten via Getty Images
    撮影年不明 - 巨大な葉巻をくわえながら、首都ハバナの葉巻製造メーカーであるパルタガスで働く老女。
  • Robert Nickelsberg/Liaison
    1999年 - ハバナの主要な食料市場の1つであるクアトロ・カミーノスで買い物をする、キューバの人々。当時、旧ソ連からの援助打ち切りとアメリカからの貿易禁止措置を受け、キューバ経済は崩壊寸前だった。
  • ADALBERTO ROQUE/AFP/Getty Images
    1999年 - 学校の休暇期間中、ハバナの海岸に集まる数百人のキューバ人たち。交通機関やガソリン不足によって他のビーチに行くことができないため、ハバナ住民の多くは地元の汚染された海へ出かける。
  • Robert Nickelsberg/Liaison
    1999年 - アパートのバルコニーに立つキューバの人々。ハバナ。
  • Ulrich Baumgarten via Getty Images
    2001年 - 首都ハバナの旧市街地の通りの風景。
  • ADALBERTO ROQUE/AFP/Getty Images
    2001年 - ハバナの広場で、鳩に囲まれながら座って何かを読んでいる男性。
  • Julien M. Hekimian/Getty Images
    2003年 - ハバナの街角でキャッチボールをするキューバの若者。 Viceによれば、キューバとの関係が正常化することで、アメリカのスポーツリーグにキューバ人アスリートが大量に流入する可能性がある。
  • Jorge Rey via Getty Images
    2003年 - ハバナでレンタカーとして利用されている、数十年前のアメリカ車。キューバでは昨年から新車の輸入が可能になったが、高額なため、今でも国の大半がクラシックカーを利用していると、テレグラフは伝えている。
  • ADALBERTO ROQUE via Getty Images
    2006年 - キューバの葉巻製造業者コイーバの工場で、葉巻を吸いながらタバコの葉を巻く労働者。
  • Jan Sochor via Getty Images
    2008年 - キューバの食糧配給制度の割当量に従って、市民にパンを配る若いキューバ人女性。
  • STR via Getty Images
    2009年 - 入口の階段に座る、キューバの女子学生。ハバナ。
  • AP Photo/Javier Galeano
    2010年 - ハバナの議会前でバスを待つ女性。
  • AP Photo/Javier Galeano
    2011年 - オールドハバナで、貯水トラックのエンジンを確認する男性。
  • ADALBERTO ROQUE via Getty Images
    2011年 - ハバナにあるH・アップマン葉巻工場で、リーダーの話に耳を傾けながら作業する労働者たち。葉巻工場には、伝統的に「リーダー」と呼ばれる人々の存在がある。キューバには150年ほど前から、このリーダーが労働者たちに新聞や小説の読み聞かせを行っている。現在では国内におよそ300人のリーダーがいる。
  • AP Photo/Javier Galeano
    2011年 - クラシックカーで高速を走る2人の男性。ソロア。
  • Spencer Platt/Getty Images
    2012年 - サンティアゴ・デ・キューバの喧騒に包まれた市街地の人々。
  • Ty Wright/Bloomberg via Getty Images
    2012年 - ハバナの通りを走る車。
  • Ty Wright/Bloomberg via Getty Images
    2012年 - 旧型シボレーのタイヤを交換する男性たち。ハバナ。
  • ADALBERTO ROQUE via Getty Images
    2013年 - ハバナの卸売市場を去っていく、果物や野菜の販売業者。
  • AP Photo/Ramon Espinosa
    2013年 - 売店に並んだバナナ。キューバは、国の通貨を2種類鋳造している世界唯一の国であり、ラウル・カストロ議長も国家の共産主義経済に悪影響を及ぼす奇妙なシステムであると認めている。
  • AP Photo/Franklin Reyes
    2013年 - マリエル湾に建設中の港の近くを通る、馬車を運転する男性。\n
  • Roberto Machado Noa via Getty Images
    2014年 - 現在でも馬車はキューバの一般的な交通手段である。
  • AP Photo/Ramon Espinosa
    2014年 - ハバナにある高リスクな妊婦のための特別産科病棟で、お腹を抱えながら公衆電話で話す女性。キューバの低出生率は、55年間にわたる社会主義革命の中でも最も注目すべき結果の一つである。

More Photos Of Cuba's Economy Through The Years

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています