Huffpost Japan

竹中平蔵氏の「正社員をなくせばいい」発言に賛否

投稿日: 更新:
HEIZO TAKENAKA
写真は講演する竹中平蔵慶大教授=2014年01月27日、ベルリン  | 時事通信社
印刷

慶応大学教授で、安倍政権では日本経済再生本部の「産業競争力会議」の民間メンバーを務める竹中平蔵氏が1月1日、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」に出演した際に「正社員をなくせばいい」と発言したことが話題になっている。

この日の番組では、雇用や賃金に関する議論が行われ、正社員と非正規社員とでの処遇が異なることに話題が及んだ。

竹中氏は正規社員が法律によって過剰に保護されていると指摘。非正規社員が増えているのは、1979年の最高裁の判例で整理解雇の四要件が示されたことが原因で、企業側が労働者を解雇した際の訴訟リスクを恐れて正社員を雇えなくなっているとした。一方で、訴訟リスクが低いと考える中小企業では、正規社員であっても簡単に解雇する現状があると述べた。

さらに竹中氏は、同じ仕事をするのならば、非正規社員であっても正社員と同じ賃金や待遇を得られる「同一労働・同一賃金」の制度が必要だとして、そのためには正規の社員と非正規社員の垣根をなくす必要があり「(同一労働・同一賃金の実現を目指すなら)正社員をなくしましょうって、やっぱりね、言わなきゃいけない」と発言した。

これに対してネットからは様々な意見が出ている。


■「正社員はなくすべき」とする意見

■「正社員をなくす」ことに疑問があるとする意見

■別の条件が必要とする意見

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

正規社員の解雇規制緩和論 - Wikipedia

竹中平蔵「正社員をなくしましょう」 これが安倍政権が目指す新自由主義経済だ