hiseiki

生活保護の時よりお金はあるのだけれど、少しマシなだけ。働いても、働いても、絶望しか見えてこない。
練馬区に住む夫婦と子ども2人の4人家族の場合。「若年世代にとって家族を持つことはステイタスになってしまっている」
本来、寄り添うはずの福祉が高いハードルを突きつけていた。なぜ、杉並区でこのような謎のローカルルールがまかり通ってしまっていたのだろうか。
新型コロナの影響で「内定を取り消されてしまったら」「何の対策もしてくれない」「辞めてほしいと言われた」など、様々なトラブルの対処法を解説します。
「非正規や臨時で働いてるのを見てるとかわいそうになってくるよ。あれだけ時給が低いとねぇ、生活が成り立たないから若い子はみんな辞めていく。私みたいなばあさんばっかり雇ってないでなんとかしてあげて欲しいけどねぇ」
10年以上貧困の現場を見ている者として素朴に思うのは、「これ以上消費増税されたら、命に危険が及ぶ層が確実に存在する」ということだ。
待遇改善は、保育士だけの問題ではなかったーー。 匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」をきっかけに、待機児童や保育士の待遇改善などを求める声が上がっていたが、今度は図書館で働く人の待遇を考える人たちが動き始めた。 公共図書館では正規雇用が
竹中平蔵氏が「朝まで生テレビ」に出演した際に「正社員をなくせばいい」と発言したことが議論を呼んでいる。