Huffpost Japan

笹崎里菜さん、アナウンサー採用へ 内定取り消しの日テレが一転

投稿日: 更新:
RINA SASAZAKI
ORICON STYLEの「注目GIRL」に登場した笹崎里菜さん | ORICON STYLE
印刷

日本テレビにアナウンサーとして内定したが、銀座のクラブでアルバイトをしていたことを理由に内定を取り消されていた東洋英和女学院大学4年の笹崎里菜さんが、同社に地位確認を求めた民事訴訟で、日本テレビ側が一転して採用を認める意向であることが明らかになった。1月7日に行われた和解協議の後に、取材に応じた笹崎さん側の緒方延泰弁護士が明かした。

日刊スポーツによると、7日に行われた両者による話し合いでは、4月入社を前提にした研修スケジュールや、笹崎さんの精神的ケアも検討された。今後は、詳細な日程や条件が協議され、15日に行われる2回目の口頭弁論よりも前に、和解が成立するとみられている。

緒方弁護士は、「アナウンサーとして採用するという、我々の望む方向で和解すると思う。アナウンサーとして活躍する道筋は十分ある」と話した。また、日本テレビ側が歩み寄りを見せたことについては「和解が成立すれば、同社の判断に敬意を表したい」とした。

日本テレビ広報部は「裁判が進行中なので現時点でのコメントは控える」と話している

笹崎さんは2013年9月、日本テレビに2015年4月入社予定でアナウンサーとして内定した。しかし、2014年3月に銀座のクラブで短期間アルバイトをしていたことを人事担当者に報告すると、「傷がついたアナウンサーを使える番組はない」などとして内定辞退を求められ、5月に内定取り消しの通知を受けた。

10月9日に笹崎さん側は日本テレビを提訴し、11月14日に第一回口頭弁論が行われた。2015年1月15日の第二回口頭弁論では、日本テレビ側が主張を行う予定だった。

※訂正:笹崎里菜さんのお名前を「笹崎里奈」と表記しておりましたため、訂正いたします。(2014年1月8日15:05)

【関連記事】
Close
NHK画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

日テレ内定取り消し一転アナ採用へ

どっちが有利?「女子アナ内定取り消し」事件のポイント4つを弁護士が解説

内定取り消し「日テレvs女子アナの卵訴訟」の背景に夏目三久騒動のトラウマ

日テレ内定取り消し裁判は「女子アナの卵VS剛腕熟女弁護士」

内定取り消しを取り消したら勝利なのか。