Huffpost Japan

サジダ・リシャウィとは誰か イスラム国が後藤健二さんと引き換えに要求した女性(画像)

投稿日: 更新:
SAJIDA ALRISHAWI
AMMAN, JORDAN - NOVEMBER 13. This frame grab from Jordanian state run TV taken on November 13, 2005 shows Iraqi Sajida Mubarek Atrous al-Rishawi confessing to her failed attempt to set off an explosives belt inside one of the three Amman hotels. The attacks on November 9 left at least 60 dead and injured over one hundred people. (Photo by Getty Images) | Marco Di Lauro via Getty Images
印刷

過激派組織「イスラム国」を名乗るグループに拘束された後藤健二さんとみられる動画が、1月24日午後11時過ぎ、ネット上に投稿された。声明の中でイスラム国が後藤さんと引き換えに解放を求めているのが、サジダ・リシャウィという女性だ。いったいどんな人物なのか。

これまでの報道を総合すると、リシャウィは1970年生まれ、イラク出身。2005年11月にヨルダンの首都、アンマンでおよそ60人が死亡した連続爆破テロの実行犯の一人で、ヨルダン当局から死刑宣告を受け、現在ヨルダン政府の管理下にある。アンマンの事件では夫ともに自爆テロを試みたが、夫のみが死亡。自らは生き残った。

アンマンのテロはイスラム国の前身となる「イラクのアルカイダ」の犯行とされ、グループを率いたザルカウィ容疑者は、リシャウィ死刑囚の親族だとみられている。ザルカウィ容疑者は2004年にイラクを旅行していた日本人の青年を拉致、殺害したとされるテロリスト。ザルカウィ容疑者は2006年、アメリカの空爆により死亡した。

Close
サジダ・リシャウィ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています