NEWS

シャラポワ、頂点に王手 テニス全豪オープン【画像集】

2015年01月29日 19時15分 JST | 更新 2015年01月29日 19時48分 JST
ASSOCIATED PRESS
Maria Sharapova of Russia celebrates after defeating her compatriot Ekaterina Makarova in their semifinal match at the Australian Open tennis championship in Melbourne, Australia, Thursday, Jan. 29, 2015. (AP Photo/Vincent Thian)

テニスの全豪オープン第11日は1月29日、メルボルン・パークで行われ、女子シングルス準決勝で、世界ランク2位で第2シードのマリア・シャラポワ(27、ロシア)が第10シードのエカテリーナ・マカロワ(同)に6-3、6-2で快勝し、3年ぶりの決勝に進んだ。日刊スポーツなどが報じた。

第1セットを奪うと、第2セットはコースを狙ったパワフルなショットを次々に決めて圧倒した。「とてもうれしい。少し喜びを味わって、決勝に向けて準備したい」と爽やかに笑った。

身長180センチのサウスポーから繰り出されるサーブには、体勢を崩されながらも粘り強く返した。ツアー開幕戦で優勝し、好調を維持したまま7年ぶりの頂点にあと1勝まで迫った。

シャラポワ圧倒 7年ぶりV王手 - nikkansports.com 2015/01/29 13:43)

決勝進出を決めたシャラポワ

31日の決勝では第1シードで世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(33、アメリカ)に挑む。過去の対戦成績は2勝16敗で、15連敗の天敵。「ここ(決勝)へ来られたのには理由がある。タイトルを取るためなら何でもやる」。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Maria Sharapova Style Evolution