maria-sharapowa

「不当に厳しい処分を受け入れることはできません」
女子テニスの人気選手、マリア・シャラポワが今年1月の全豪オープンで行われたドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したことが分かった。
マリア・シャラポワが、より強い女性になるための6つの方法についてハフポストUS版に語った。
世界15カ国のそれぞれで、最も影響力のある(市場価値の高い)女性アスリートを選びました。
テニスの全豪オープン第11日は29日、女子シングルス準決勝で、第2シードのマリア・シャラポワが第10シードのエカテリーナ・マカロワに快勝し、3年ぶりの決勝に進んだ。
テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは7日、パリのローランギャロスで女子シングルス決勝を行い、第7シードのマリア・シャラポワ(ロシア)が第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を6─4、6─7、6─4で下し、同大会2回目の優勝を果たした。