NEWS
2015年01月26日 17時17分 JST

錦織圭、3年ぶりベスト8進出 テニス全豪オープン【画像】

全豪オープンの男子シングルス4回戦で、世界ランキング5位の錦織圭選手が世界10位のスペインのフェレール選手にストレート勝ちし、3年ぶりの8強入りを果たした。

Clive Brunskill via Getty Images
MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 26: Kei Nishikori of Japan plays a backhand in his fourth round match against David Ferrer of Spain during day eight of the 2015 Australian Open at Melbourne Park on January 26, 2015 in Melbourne, Australia. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

テニスの全豪オープン第8日は1月26日、メルボルンで行われ、男子シングルス4回戦は、第5シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング10位で第9シードのダビド・フェレール(スペイン)と対戦。錦織は6-3、6-3、6-3のストレートで勝利し、2012年以来3年ぶりの準々決勝進出を果たした。

錦織は第1セットからストローク戦でフェレールを圧倒し、反撃の機会を与えなかった。スポニチなどが報じた。

第2セットは、いきなりサービスゲームをブレークされたが、すぐにブレークバック。4―3で迎えた第8ゲームでフェレールのサービスゲームをブレークし、そのまま押し切った。続く第3セットはいきなりフェレールのサービスゲームをブレーク。その後は互いにサービスゲームが続いたが、5―3で迎えた第9ゲームをブレークして決着をつけた。

錦織は、全豪初の4強入りがかかる準々決勝では前年覇者で、第4シードのスタン・ワウリンカ(29=スイス)と対戦する。

錦織、3年ぶり8強入り!次戦は前年覇者ワウリンカと対戦 ― スポニチ 2015/01/26 16:20)

錦織は試合後のインタビューで「きょうはよいプレーができたと思う。この前の3試合も好調だったので、自信を深めていた。きょうは勝てて本当にうれしかった。(次のワウリンカは)世界で最も厳しい対戦相手の一人。よい試合をしたいと思う」と話した。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery 錦織圭 全豪オープン See Gallery