ニュース

エジプト軍、ダーイシュ(イスラム国)への報復で空爆

2015年02月16日 20時37分 JST | 更新 2015年02月16日 23時31分 JST
ASSOCIATED PRESS
In this image released by the Egyptian Presidency in the early hours of Monday, Feb. 16, 2015, President Abdel-Fattah el-Sissi makes a statement after militants in Libya affiliated with the Islamic State group released a grisly video showing the beheading of several Egyptian Coptic Christians it had held hostage for weeks. Egypt said Monday it has launched airstrikes against Islamic State targets in Libya following the release of the video, marking the first time Cairo has publicly acknowledged taking military action in neighboring Libya, where extremist groups seen as a threat to both countries have taken root in recent years. (AP Photo/Egyptian Presidency)

エジプト軍は2月16日早朝、過激派組織ダーイシュ(イスラム国)とみられるグループがエジプト人21人を殺害した動画を公開したことを受けて、リビア国内のダーイシュの拠点を空爆したと発表した。BBCが報じた。

ダーイシュのグループは15日、リビアで拘束したエジプト人のコプト教徒(キリスト教の一派)21人を殺害する動画を公開していた。

BBCによると、夜明けに行われた空爆はエジプトとの国境沿いにあるダーイシュのキャンプや訓練場、武器保管庫などが標的となった。

リビアの政府高官は、エジプトはリビアとの共同作戦で、ダーイシュが掌握しているリビア東部の都市デルナを攻撃したと述べた。

NBCニュースによると、エジプト軍の外国への攻撃は、1990年の湾岸戦争以来初めてとなる。

エジプト軍の総合司令官は今回の空爆を「流血の事態に対する復讐と、殺人集団への報復のため」という声明を発表した。

また、総合司令官は「あらゆるところにいる(ダーイシュの)人間たちに、エジプト人は自分たちの同胞を守る盾があることを分からせる」とFacobookに投稿した。動画ではエジプト軍基地から戦闘機が離陸する様子が映し出されている。

IS(イスラム国)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

    ----
    ハフポスト日本版編集部では、「イスラム国」、ISIS、ISIL、ダーイシュなどと呼ばれている過激派組織について、
  1. 編集部が作成する記事には、当面「ダーイシュ」の表記を用います。
  2. ただし現在、「イスラム国」という用語の認知度が高いことから、当面「イスラム国」を併記します。
  3. 他社から配信された記事とブログ記事については、原文のままの表記とします。
  4. ソーシャルメディアへの投稿についても1〜3に準じます。