NEWS

混雑した電車内のベビーカー、迷惑だと思っているのは女性のほうが多かった

2015年02月25日 00時59分 JST | 更新 2015年03月08日 23時14分 JST
AID/a.collectionRF via Getty Images
Baby Boy in Buggy

私鉄各社が加盟する日本民営鉄道協会(東京都)が調べた「駅と電車内の迷惑行為ランキング」で、「混雑した車内へのベビーカーを伴った乗車」が迷惑だと思っている人は2014年度は19.5%となり、前年度の17.9%から1.6ポイント増加した。男女別で見ると、男性の16.5%(前年15.3%)に対し、女性は30.2%(27.4%)となり、ベビーカーに対して女性のほうが迷惑だと感じている人が多かった。

調査は2014年10月〜11月にインターネットで行われ、3135人が回答した。「混雑した車内へのベビーカーを伴った乗車」は2009年度の調査から回答項目として追加されたが、2014年度が過去最高値となった。

電車などでのベビーカー利用については、国土交通省が2014年4月に「ベビーカーマーク」を公表するなど、ベビーカーを利用しやすい環境づくりを進めているが、理解が得られていないとみられる。

調査結果を受けてTwitterからは、「好き好んで混雑した電車に乗車しているわけではない。迷惑なのは理解している。止むに止まれず乗車している状況がほとんどなのに」など、ベビーカーの利用に理解を求める声も上がる反面、「今の若い女性たちは子育てに楽を求め過ぎ」とする意見もみられた。

【関連記事】

楽しい子育て! 画像集

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています