Huffpost Japan

マクドナルド、抗生物質を使った鶏肉の使用を中止へ

投稿日: 更新:
ANTIBIOTICS IN CHICKEN SUPERBUGS
A box of chicken nuggets, left, sits beside a portion of french fries in this arranged photograph at a McDonald's restaurant, operated by McDonald's Holdings Co. Japan Ltd., in Tokyo, Japan, on Wednesday, Jan.7, 2015. McDonald's Corp.'s Japan business and Cargill Inc. are investigating complaints objects were found in chicken nuggets made by a Cargill factory in Thailand, the restaurant chainâs second food safety crisis in six months. Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg via Getty Images | Bloomberg via Getty Images
印刷

マクドナルドは3月4日、人間の感染症の治療に使われる抗生物質を餌として与えた鶏肉の使用を、アメリカ国内店舗で今後2年をかけてやめていくと発表した

このマクドナルドの動きは、他の食品業界の大手企業にも影響を与える可能性があり、マクドナルドを利用しない人にとっても朗報となるかもしれない。

NGOのピュー・チャリタブル・トラストで抗生物質耐性プロジェクトのシニアオフィサーを務めるゲイル・ハンセン氏は、「公衆衛生の面からいえば、これは『ゲーム・チェンジャー』と言えるでしょう」とロイターの取材で語っている

家畜へ抗生物質を投与することは、「スーパーバグ」と呼ばれる抗生物質が効かない菌が増えているのひとつとされる。

スーパーバグは突然変異した細菌群だ。感染症を治すために薬を使うと、その薬に対して細菌が抵抗力を持とうと増殖、進化して、抗生物質耐性菌のスーパーバグが生み出される。専門家たちは、抗生物質を過剰に投与することはこういった抗生物質が効かない菌を増殖させる大きな要因になっている、と述べている。

このスーパーバグを封じ込めるための本格的な対策をとらないと、2050年までに全世界で最大1000万人が感染して死亡すると見込まれている。

抗生物質は家畜に頻繁に投与されているが、その理由の一つは家畜の成長を促進させることだ。つまり抗生物質を家畜に与えることで畜産業者は生産高を上げ、収入を増やすことができる。

だが、そうした抗生物質の過剰投与が危険であることを示す、有力な証拠がある。たとえば、薬剤耐性をもつある大腸菌は、尿管の感染症を引き起こすとされているが、この大腸菌はもともとはニワトリから感染した可能性があると言われている。

また、下痢や発熱、腹部のけいれんを引き起こすサルモネラ菌とカンピロバクター菌は、家畜に投与されていることが主要な原因で、抗生物質に対する耐性をもつようになっている、とアメリカ疾病予防管理センターは指摘する。

こうしたことから、衛生当局は畜産業者に対して、人間の健康を守るために不可欠な抗生物質は家畜の感染症を治療を目的としてのみ使用し、家畜を太らせる目的では使用しないよう推奨している

2013年の「コンシューマー・レポート」によると、スーパーマーケットで入手した鶏肉サンプルのおよそ半分から「スーパーバグ」が検出されたという。アメリカ農務省は一般消費者に対して、食肉を買う際には「抗生物質不使用」の表示があるものを選ぶよう勧める

抗生物質を投与した鶏肉の排除に動いている飲食業者は、マクドナルドだけではない。チキン専門のファーストフードチェーン、「チックフィレイ」も2014年はじめに、5年以内に抗生物質を与えていない鶏のみを使うと発表している。

また、2014年12月には、ニューヨークやロサンゼルス、シカゴなど、アメリカで最大規模の6つの学区が、学校給食で使用する鶏肉を、今後数年で抗生物質不使用のものに切り替えると決定している

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:梅田智世/ガリレオ]

Close
気持ち悪い原料からつくられた食品添加物
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

米マクドナルド:2月の米既存店売上高は減少、競争激化響く

焦点:マクドナルドにFC離反の懸念、業績改善の新たな課題に

抗生物質「不要」…難しい説明

マック、抗生物質投与の鶏肉中止 米店舗で