NEWS
2015年04月08日 15時46分 JST

藤原ここあさん、31歳で死去 人気漫画「妖狐×僕SS」の作者

アニメ化された「妖狐×僕SS」(いぬぼくシークレットサービス)などの作品で知られる女性漫画家の藤原ここあさんが、3月31日に亡くなったことがわかった。スポニチによると藤原さんは福岡県出身、享年は31歳。死因は公表されていない。葬儀は近親者のみで執り行ったという。

otoboku

「妖狐×僕SS」 第1巻(スクウェア・エニックス)の表紙より

「妖狐×僕SS」は、妖怪の先祖返りの人々が集う最高級セレブマンション「メゾン・ド・章樫」で、住人とシークレットサービス(ボディーガード)の妖しい生活を描くという漫画。単行本は全11巻が出ており、累計発行部数は450万部以上。2012年にはテレビアニメ化された。

藤原さんが連載していたスクウェア・エニックス「ガンガンJOKER」公式サイトで4月8日、以下のように訃報が掲載された

漫画家の藤原ここあ先生は、平成27年3月31日にご逝去されました。生前ご愛顧を賜った読者のみなさまに、謹んでお知らせ申し上げます。編集部一同、先生の画業に敬意と感謝を表するとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

株式会社スクウェア・エニックス ガンガンJOKER編集部

なお、ご葬儀は御親族、近親者のみで執り行われましたことを、合わせてご報告します。

藤原ここあ先生が小誌ガンガンJOKERにて連載中の「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」は、2015年3月20日に発売いたしました4月号掲載分にて、最終回とさせて頂きます。単行本に未掲載分の刊行等、今後に関しては、決まり次第改めてガンガンJOKER本誌、並びに公式HPにて告知いたします。

2015年に亡くなった著名人

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています