ライフスタイル

藤井秀悟「頑張ってきた野球人生だったな」心臓疾患抱えて選手生活を送っていたことを告白

2015年04月14日 23時51分 JST
Wikimedia Commons / CC BY-SA 3.0

かつて、神宮球場のマウンドを沸かせ、セ・リーグの最多勝にも輝いた、藤井秀悟元投手。2014年に現役を引退し、現在は巨人のバッティングピッチャーを務めている藤井さんが、3月14日、現役時代から心臓疾患を患っていたことをブログで告白した。

遺伝性で心臓が昔から悪い

知ったのはヤクルト時代。

現役の時は能力が下がる可能性やドーピングが心配で毎年の経過診察だけだった。

藤井秀悟オフィシャルブログ『野球小僧』 by アメブロ 2015/04/14 11:32)

藤井さんは愛媛県出身、1977年生まれの37歳。今治西高校、早稲田大学で投手として活躍し、2000年、プロ入り。ヤクルト、日本ハム、巨人、DeNAで14年間のプロ生活を送り、通算83勝を上げた。2001年には最多勝のタイトルも獲得している。2014年末、DeNAから戦力外通告を受け、現役を引退していた。

現役生活を振り返って、藤井さんはこう綴っている。

「走るのが遅い遅いと言われながらも

頑張ってきた野球人生だったな」。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています