NEWS

翁長雄志・沖縄県知事が安倍首相と初会談 辺野古巡る議論は平行線

2015年04月17日 17時44分 JST
Reuters

[東京 17日 ロイター] - 安倍晋三首相は17日午後、昨年12月に就任した沖縄県の翁長雄志知事と初めて会談し、政府と県が対立する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題について議論した。翁長知事は名護市辺野古への移設に強い反対を表明。協議は平行線をたどった。

会談後に会見した翁長知事は「辺野古移設に反対する県民の思いとともに、絶対に辺野古に新基地を造らせないと伝えた」と説明。安倍首相が4月末に訪米した際、米オバマ大統領に県の民意を伝えるよう依頼したことを明らかにした。

安倍首相は会談の冒頭、市街地にある普天間飛行場の危険性を早期に除去する必要性を訴えた。「1歩でも2歩でも進めていかなければならない。辺野古への移転が唯一の解決策と考えている」と話したが、両者の溝は埋まらなかった。

(久保信博)

関連記事

【沖縄】揺れる辺野古(2014年)