NEWS

「ちょっ......これアメリカすぎ!」1991年のCM動画がベタすぎてなぜか大流行

2015年04月18日 21時17分 JST | 更新 2015年04月18日 23時17分 JST

アメリカで今、一本の動画がソーシャルメディアを駆け巡っている。1991年に放映された、レストランチェーン「シズラー」のCM動画だ。

フリスビーを追いかける犬、建設現場のおじさん、野球少年――そこに描かれているのは、古き良きアメリカ。このあまりにベタな演出に、アメリカのネットユーザーが大ウケ。150万回を超える再生回数を記録している。

こんな昔の動画を引っ張りだされた当のシズラーは、どう思っているのか。ハフポストUS版の取材に対し、広報担当者は「シズラーは、いつもアメリカの家庭にとって、特別な場所であり続けてきました。この動画がこんなにも人の心に触れ、私たちの国に対してのポジティブな感情を生み出すとは思いもよりませんでした」と話している

FOX59ニュースは、16日、こう伝えた。「シズラーこそアメリカであり、アメリカとは、シズラーである」。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています