NEWS

ドローンが捉えたネパール大地震 カトマンズの甚大な被害が克明に(動画)

2015年04月27日 20時03分 JST | 更新 2015年05月01日 01時03分 JST
ASSOCIATED PRESS
Video taken from a drone Saturday April 25 2015 shows devastation in the Nepalese capital Kathmandu, caused by Saturday's quake that measured 7.8 on the Richter Scale. Nepal's earthquake-hit capital was short on everything Monday April 27 2015, as its people searched for lost loved ones, sorted through rubble for their belongings and struggled to provide for their families' needs. In much of the countryside, it was worse, though how much worse was only beginning to become apparent. The official death toll soared past 4-thousand, even without a full accounting from vulnerable mountain villages that rescue workers were still struggling to reach two days after the disaster. (AP Photo / KISHNOR RANA)

ネパール中部で4月25日に発生した大地震は死者が4000人を超えた。被災者の生存率が急激に下がると言われる災害発生後72時間が迫る中、首都カトマンズなどの被災地では懸命の救助が続いている。

地震発生から1日後の26日に、カトマンズ出身のキショール・ラナさんがドローンを飛ばしてカトマンズ上空を撮影した動画が27日に公開された。ネパール最古の寺院スワヤンブナートや、高さ50メートルのダラハラ塔が倒壊するなど、甚大な被害が克明に記録されている。

  • AP Photo / KISHNOR RANA
  • AP Photo / KISHNOR RANA
  • AP Photo / KISHNOR RANA
  • AP Photo / KISHNOR RANA
  • AP Photo / KISHNOR RANA
  • AP Photo / KISHNOR RANA
  • AP Photo / KISHNOR RANA
  • AP Photo / KISHNOR RANA

ネパール大地震(2015年4月25日)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています