NEWS

自衛隊とフィリピン海軍が南シナ海で共同訓練へ 中国が領有権を主張する海域付近

2015年05月08日 22時24分 JST | 更新 2015年05月08日 22時55分 JST
Reuters

[東京/マニラ 8日 ロイター] - 中国が領有権を主張する南シナ海の海域近くで、海上自衛隊とフィリピン海軍が12日に共同訓練を計画していることが明らかになった。

フィリピン海軍によると、計画しているのは他国艦船との予期せぬ衝突を防ぐ「海上衝突回避規範(CUES)」と呼ばれる訓練。両国から1隻ずつが参加し、スービック湾沖で2時間程度実施する。

フィリピン領海内ながら、「スカボロー礁から遠くない」と同国の政府関係者は話す。

スカボロー礁はフィリピンと中国が領有権を争っている。中国は浅瀬を埋め立てて軍事拠点とみられる施設を建設し、実効支配を強めようとしている。一方のフィリピンは埋め立ての衛星写真を公開するなどし、中国への非難を強めている。

中国が南シナ海や東シナ海での動きを活発化させる中、日本とフィリピンは安全保障面での協力を強めている。今年1月には防衛協力の覚書を締結し、共同訓練を本格化することなどで合意していた。

(久保信博、ティム・ケリー、マニエル・モガト※)

関連記事

海上自衛隊の護衛艦