NEWS

大木凡人が奇跡的に生還した難病「大動脈解離」とは?

2015年05月18日 23時37分 JST | 更新 2015年05月18日 23時56分 JST
ameblo.jp/ooki-bondo/

タレントの大木凡人さん(69)が、難病の「大動脈解離」を発症していたことが分かった。5月18日にスポニチが報じた。大木さんは、病院に搬送されたときの激痛を次のように振り返った。

胸が苦しくなることが1週間ほど続いた後、今年1月19日に症状が急変。トイレから出ようとしたところ、バリバリバリと張り裂けそうなすさまじい痛みが胸全体を覆ったという。「学生時代は空手をやっていたので、痛いことには慣れていたつもりだが、こんな凄いのは初めてだった」と振り返った。

痛みは気絶しそうになるほど激しく、それを紛らわせるために「なんだ!クソ!コノヤロー!」などと大声で絶叫しながら119番に電話。すぐに東京医療センターに搬送された。

大木凡人 難病「大動脈解離」発症…大手術で奇跡的に生還 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 2015/05/19 06:00)

大木さんは、集中治療室で心臓のすぐ左にある大動脈が約60cmも破れている大動脈解離と判明。1月21日に、左腕と右太腿の付け根にある動脈を緊急手術した。入院生活は23日間に及び、5月22日に再検査の結果が判明するという。

「大動脈解離」は、患者の約20%が病院に到着する前に死亡すると言われる難病。芸能界では故・石原裕次郎さんや、加藤茶さんが発症した。コトバンクでは、以下のように解説している。

3層構造になっている大動脈壁の内膜の亀裂から中膜に血液が流入することにより、中膜が2層に解離し、本来の血管内腔とは別に新しい血流路(偽腔)ができた状態。壁が薄くなるため、瘤状に隆起し、破裂を起こしやすくなる。動脈硬化・高血圧により起こる場合が多い。

大動脈解離(ダイドウミャクカイリ)とは - コトバンク

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

80年代アイドル 美少女たちは今

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています