NEWS

認知症で記憶が失われた?→脳には残っている(研究)

2015年05月28日 21時57分 JST | 更新 2015年05月28日 21時57分 JST
be_khe/Flickr
-Best wishes from me to you and your family!-

思い出せないけど…脳には記憶残る 理研がマウスで実験

認知症などで過去を思い出せないのは、記憶が失われたのではなく、残っているのに取り出せないだけ――。そんな可能性を示すマウス実験の成果を、理化学研究所のグループが29日付米科学誌サイエンスに発表する。記憶障害の仕組み解明につながる可能性があるという。

脳には不安定な記憶を固定化して、長期に蓄えるプロセスがある。その際、記憶痕跡と呼ばれる神経細胞群の細胞どうしのつながりを強める「シナプス増強」が欠かせないと考えられてきた。

グループは、ある小箱に入れて弱い電気刺激で恐怖を経験させたマウスに、たんぱく質の合成を阻害する薬を与え、シナプス増強が起こらない「健忘状態」にした。通常のマウスは同じ小箱に入れただけで身をすくませるが、健忘マウスはすくまない。ところが、健忘マウスの記憶痕跡の細胞群を人工的に活性化させると、恐怖体験を思い出してすくむことがわかった。シナプス増強がなくても、記憶痕跡の細胞群に直接、記憶が保存されていることを示した。

(朝日新聞デジタル 2015年5月29日03時01分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 


【関連記事】

関連記事

認知症の兆候