NEWS

「桃太郎電鉄は終了」作者さくまあきらさんが明言 コナミは「続けたい」

2015年06月03日 20時38分 JST | 更新 2015年06月03日 20時38分 JST
2014 Konami Digital Entertainment

名作ビデオゲーム「桃太郎電鉄」の新作はもう出ない――。6月2日、同シリーズの作者・さくまあきらさんが自身のTwitterで明らかにした。制作元のコナミと連絡が取れず、なんらかのトラブルがあったとみられる。

さくまさんの妻の真理子さんも、コナミ側から連絡がなかったことを訴えている。

「桃太郎電鉄」シリーズは、鉄道会社の社長となって全国を回って物件を購入し、資産を拡大し、他のプレーヤーと争うゲーム。1988年にシリーズ第一作が出てから、さまざまなゲーム機や携帯電話アプリでリリースされ、人気を博した。しかし2012年以来、新作が出ていない状態だった。

制作元のコナミ広報部はハフポスト日本版の電話取材に応じ、「桃太郎電鉄は皆様にご支持いただき、長く続いているタイトル。さくまさんとシリーズ継続のために話し合いを続けているが、具体的な結論は出ていない」と回答している。

また、ホームページ上でも同様のコメントを発表している

東京ゲームショウ2013

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています