NEWS

トルコ総選挙、与党が初の過半数割れ エルドアン大統領の影響力低下か

2015年06月07日 23時12分 JST
YASIN AKGUL via Getty Images
Justice and Development Party (AKP) supporters wave party and Turkish flags at Istanbul`s AKP headquarters on June 7, 2015. Turkey's Islamic-rooted ruling party lost its absolute parliamentary majority in legislative elections, dealing a severe blow to strongman President Recep Tayyip Erdogan's ambition to expand his powers. In a sensational result that shakes-up Turkey's political landscape, the pro-Kurdish People's Democratic Party (HDP) easily surpassed the 10 percent barrier needed to send MPs to parliament. AFP PHOTO / YASIN AKGUL (Photo credit should read YASIN AKGUL/AFP/Getty Images)

7日に投開票されたトルコの総選挙では、保守系与党・公正発展党(AKP)の議席が、政権発足以来初めて過半数を割り込んだ。

CNNトルコによると、開票率97%の段階で、AKPの得票率は40.8%にとどまった。一方、少数民族クルド人中心の国民民主主義党(HDP)の得票率は議席獲得の制限ラインである10%を突破し、13%に達する見通し。

エルドアン大統領は、今回の選挙でAKPが勝利を収め、同氏の権限強化を可能にする憲法改正の実現を目指していた。そのために、AKPは国会の3分の2議席を確保する必要があった。12年間続いた1党支配に終止符が打たれたことで、今後エルドアン大統領とダウトオール首相の影響力低下が予想される。

選挙結果を受け、トルコリラは売りが優勢となり、ドルに対して過去最安値をつけた。

トルコ総選挙の選挙集会で爆発