ライフスタイル

飛行機の乗客が思わず2度見する30年前の恥ずかしいイタズラ【画像】

2015年06月14日 01時00分 JST | 更新 2015年06月14日 01時08分 JST

30年ほど前、空港のそばに住んでいる男が、飛行機の乗客が思わず2度見しそうなイタズラをした。屋根に、「クリーブランドへようこそ」の文字を書いたのだ。ただし、この男、住んでいるところはミルウォーキー。クリーブランドから約540キロ離れている。

540キロといえば、東京と岡山ぐらいの距離。岡山への到着間際に「ようこそ東京へ!」と書かれているのを見るようなものだろう。

welcome to cleveland

このイタズラを行ったのは、マーク・グービンさん。地元紙のミルウォーキー・ジャーナル・センチネルの記事によると、最近引退した写真家だ。彼がこのイタズラを行ったのは約30年ほど前。屋上でランチをしていた時に、同僚の女性が、低く飛んでいる飛行機を見てこういった。

「『ミルウォーキーへようこそ!』ってここに書いたら、素敵だと思わない?」

しかし、グービンさんが書いたのは「クリーブランドへようこそ!」の文字だった。こんなイタズラをした理由を、グービンさんは次のように話した。

「全くの冗談だった。面白いだろ?」

結果、彼が行ったイタズラは、当時、多くのメディアが取り上げた。現在も飛行機フリークの間で語り継がれている。

もちろん、当初はこのイタズラを批判する人もいた。「乗客が困惑する」と、抗議の手紙も受け取った。一部の近隣住民からも、最初は「恥ずかしい」と言っていた。しかし、市はいたずらに目をつぶり、近隣住民も「恥ずかしい」から「面白い」という意識に変わった。

今でも、飛行機の乗客は、このサインを見てある人は笑い、ある人は困惑する。

60歳を過ぎたグービンさんは言う。

「人生、やり直しはきかないんだ。楽しんで!」

welcome to claceland

Google Earthより

Google ストリートビューに写り込んだアレ

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています