NEWS

飛び込みで「0.0」点の衝撃 「スプラッシュブラザーズ」の演技がジワジワくる【動画】

2015年06月13日 19時07分 JST | 更新 2015年06月13日 19時07分 JST

シンガポールで行われている東南アジア競技大会の男子3メートル飛び板飛び込みで、そろって「0.0」という衝撃のスコアを叩き出したフィリピン選手2人が話題になっている。

失敗したのはジョン・エルメルソン・ファブリガ選手とジョン・デビッド・パホヨ選手。2人は6回の試技中、4回目の飛び込みでそろって背中から落ち、0点となった。背中からの着水は全く失敗したものとみなされて0点となるためだ。その時の様子がこれだ。寛大なことに、大会は試合の様子を公開してくれている。

スローモーションでもう一度。

YouTube / Sport Singapore より

ジョン・デビッド・パホヨ選手の演技はこちら。

結果、2人は他の選手から約100点の差をつけられて競技を終えることになったが、その後、ネットで「スプラッシュ・ブラザーズ」として有名人に。一方で2人の失敗を批判する声もあり、フィリピン・スポーツ委員会のリチー・ガルシア会長は、スポーツ連盟に対して、2人はなぜ失敗したのか説明するように要求した

なお、2人は翌日、ペアの演技に出場。見事に息のあった演技を披露した。その時の様子がこれだ。

Yey! I'm so proud of us pakner John Fabriga, we really did our best despite of we just practiced this synchro dives for...

Posted by JD Pahoyo on 2015年6月9日

これがパリの最新ファッションビキニだ

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています