NEWS

亡くなった三毛猫・たま駅長「天国行きの電車に乗車いたしましたにゃんご!」

2015年06月25日 22時33分 JST | 更新 2015年06月25日 22時33分 JST
TORU YAMANAKA via Getty Images
A woman strokes 'Tama', a nine-year-old female tortoiseshell cat wearing a stationmaster's cap of the Wakayama Electric Railway, as the feline sits on a ticket gate at Kishi station on the Kishigawa line in the city of Kinokawa, in Wakayama prefecture on May 22, 2008. The number of passengers who travel along the line increased 10 percent for the year to March 2007 from the previous year, credited to Tama after the 'stationmaster' cat appeared at the unmanned small station. AFP PHOTO/Toru YAMANAKA (Photo credit should read TORU YAMANAKA/AFP/Getty Images)

和歌山電鉄・貴志駅のマスコットとして人気を博したメスの三毛猫「たま駅長」が6月22日、急性心不全のため16歳で死んだ。たまの公式Twitterは25日、その死をユーモラスにこう伝えた。

亡くなった翌日の23日には、写真が投稿されていた。

和歌山電鉄と「たま駅長」

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています