NEWS

FIFAのブラッター会長に札束を投げつけた男、過去にも...(動画・画像)

2015年07月20日 23時47分 JST | 更新 2015年07月20日 23時50分 JST

2018年と22年のサッカー・ワールドカップを巡って汚職疑惑に揺れている国際サッカー連盟(FIFA)。記者会見場にコメディアンが乱入し、ゼップ・ブラッター会長に札束を投げつけるハプニングがあった。

BBCによると、乱入したのはイギリスのコメディアン、サイモン・ブロッドキン。ブラッター会長の発言を遮り、関係者によって連れ出されたが、立ち去り際に札束のようなものを投げつけた。

sepp blatter

sepp blatter

その後、ブロッドキンは架空のサッカー選手、ジェイソン・ベントの名で「2026年北朝鮮ワールドカップを確かなものにしようと、興奮してFIFAの理事会にやってきた」とTwitterに投稿した。

ブロッドキンは注目を浴びる会場に乱入する「お騒がせ野郎」として有名で、2014年6月、ワールドカップ・ブラジル大会に向けて出発するサッカーのイングランド代表と一緒に飛行機に乗り込もうとして、警備員に取り押さえられたことがある

ワールドカップ美女 総集編

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています