NEWS

テレビ生放送中に銃撃、リポーターとカメラマンが死亡 アメリカ・バージニア州【UPDATE】

2015年08月26日 23時48分 JST

アメリカ・バージニア州のスミスマウンテン湖で8月26日、地元テレビ局「WDBJ」の生放送中に取材クルーが銃撃され、リポーターのアリソン・パーカーさん(24)とカメラマンのアダム・ワードさん(27)が死亡した。地元紙「ロアノーク・タイムズ」が報じた。

容疑者は現場から逃走し、警察が行方を追っている。

---

【UPDATE 2015/08/27 01:50】

警察が高速道路上を逃走していたベスター・リー・フラナガン容疑者(41)を追跡し、追いついたところでフラナガン容疑者は自殺を図った。WDBJとCNNによると、脈はあるものの重体だという。

フラナガン容疑者はWDBJの元リポーターで、ブライス・ウィリアムズと名乗っていた。26日11時15分ごろ、ブライス・ウィリアムズ名義のTwitterアカウントが、容疑者側から見た銃撃場面の動画を2つ投稿した。1つ目の動画はパーカーさんに銃口を向けた場面、2つ目は銃撃した瞬間だった。

その他のツイートでは「パーカーは人種差別的なコメントをしていた」と述べており、「彼らはその後彼女を雇ったって???」ともツイートしている。このTwitterアカウントはその後凍結された。

また、25日夜にはブライス・ウィリアムズを名乗る人物からABCニュースに23ページのFAXが送られたという。ABCは警察にFAXを引き渡した。

CNNによると、パーカーさんがインタビューしていたヴィッキー・ガードナーさんは背中を撃たれ、手術を受けた。ガードナーさんはスミスマウンテン湖商工会議所の事務局長を務めている。

【UPDATE 2015/08/27 06:15】

フラナガン容疑者は病院に搬送されたが、午後1時30分ごろ、死亡が確認された。

---

パーカーさんらはモネータ地区のスミスマウンテン湖畔にある商業施設「ブリッジウォータープラザ」で女性にインタビューをしているところを銃撃された。

生放送の映像では、銃撃の瞬間と背後で女性の叫び声が聞こえてくるのが確認できる。


shooting

パーカーさんが広場で女性にインタビューをしている

shooter

リポーターがリアクションする間もなく、突然銃撃が発生した

shooter

スタジオに画面が切り替わる前に、犯人の姿が捉えられた

「WDBJのゼネラルマネジャーがリポーターとカメラマンが死亡したことを確認すると、ニュースルームは深い悲しみに包まれた」

26日朝、WDBJのゼネラルマネジャー、ジェフ・マークス氏は沈鬱な様子で2人が死亡したことを伝え、今回の銃撃を「2人の優秀なジャーナリストに対する恐ろしい犯罪だ」と語った。

パーカーさんが叫び、銃撃から逃れようとしている映像は、26日午前7時ごろFacebook上に登場した。

WDBJはTwitterですぐに反応し、事件発生で混乱していることと、サポートしてくれた人々に向けて感謝の言葉を述べた。

「何が起きたのか現在情報を集めているところです。みなさまのお気遣いと優しい言葉に感謝します」

「アリソン、そしてアダム、愛しています」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Virginia Shooting of Alison Parker and Adam Ward