Huffpost Japan

宮根誠司さん「こんにちは、報道ステーションです」 ミヤネ屋で言い間違える

投稿日: 更新:
MIYANE
東京マラソンを完走し、ガッツポーズするフリーアナウンサーの宮根誠司さん=2014年02月23日、東京都江東区の東京ビッグサイト | 時事通信社
印刷

日本テレビ系のニュース番組「情報ライブ ミヤネ屋」で珍事が起きた。

番組冒頭でフリーアナウンサーの宮根誠司さんが、「こんにちは。12月24日木曜日、報道ステーションです」とタイトルコールを間違えてあいさつしたのだ。放送事故かと思いきや、テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスターが、2016年3月で降板することを受けたギャグだった模様だ。


■「テレ朝からの電話待ちです」

番組名を間違えた宮根さんは「あっ、間違えちゃった」と、わざとらしく両手で口を押さえる仕草を見せた。同じくMCを務める読売テレビの林マオアナウンサーから「もしかして…。宮根さん、大丈夫ですか? もう、その気?」とツッコミを入れた。「報道ステーション」の後任キャスターとして、宮根さんの名が挙げる報道もある中でネタにした格好だ。

宮根さんは「びっくりしました。古舘さんは、まだ続けられるとばかり思っていた」と古舘キャスターの降板について感想を口にした。「報道ステーション」の前番組の「ニュースステーション」でキャスターを務めた久米宏さんが59歳で番組を降板したことを挙げ、「体力の限界もあるのかな」とコメントした。

その上で、後任キャスターの人事が明かされていないことについて「やるとしたら年末までに電話かかってくると思うんで、テレ朝からの電話待ちです。『ミヤネ屋』が4時に終わって、飛行機に乗ったら間に合うもんね。報道ステーションに」と、大阪市内の読売テレビで収録している「ミヤネ屋」との番組掛け持ちに意欲を見せた。

林マオアナウンサーも「やる気や!」と驚いていたが、スタジオにいた森本敏・元防衛大臣に「そういう問題じゃない。自分のジャーナリストとして、どういう生き方をしていくかという信念の問題ですよ」と冷静に諭されると「生き方なんてないわぁ!皮肉なしに一生懸命や、ほんまに」と逆ギレしながら、「電話がかかってきたら、みんなに言います」と宣言した。

▼画像クリックで展開します▼

Close
お笑い芸人 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

宮根誠司オフィシャルブログ「ブログ屋」Powered by Ameba

宮根誠司「報道ステーションです」ミヤネ屋冒頭で…

宮根誠司、小倉智昭だけじゃない!ウーマン村本が本当に批判したいのは中居正広!?

宮根誠司、“号泣”お天気お姉さんへの茶化し発言は「小学生のいじめレベル」

宮根誠司 念願の「無痛」出演も複雑…重要な役で「残念な結果に…」