hodosuteshon

女性や、若い男性に「教えてあげる」立場ではなく、同じ目線でニュースを考えていくために、ニュースを選ぶ人を多様化させなければ始まらない。疑問の声をきちんと吸い上げ、バージョンアップした報ステの姿を見せてください。
ジェンダーの問題について「意図をきちんとお伝えすることができませんでした」として謝罪した。
テレビ朝日『報道ステーション』のCMは、仕事帰りの女性が誰かに話しかけているという内容で、女性の顔の上に「こいつ報ステみてるな」というテロップが入る。ジェンダー問題に詳しいジャーナリストの治部れんげさんは、主に3つの問題点を指摘する。
新型コロナウイルスに感染し、番組出演を休止していたテレビ朝日の富川悠太アナウンサーが、ニュース番組「報道ステーション」に約2か月ぶりに復帰した。
メインキャスターの富川悠太アナの新型コロナウイルス感染が確認された。13日の放送では、小木逸平アナが番組の状況と富川アナの体調について説明した。
接触のあった番組共演者、スタッフには、体調の異変は確認されていないという。
テレビ朝日は派遣契約スタッフとの契約を更新しないことを認めた上で、「『派遣打ち切り』などの指摘はあたらないと考えております」と説明している。
テレ朝「報道ステーション」でハラスメント問題がおきた。財務次官のセクハラ問題から1年半。関係者からは「報道局は全く変わっていない」という声が聞こえる。
真っ直ぐにカメラを見つめ、一度も視線を落とすことなく、「強い思いを込めてこれからもお伝えして参ります」と語っていた