Huffpost Japan

Twitterに投稿できる文字数、140字から1万字に CEO大筋で認める

投稿日: 更新:
JACK DORSEY
ASSOCIATED PRESS
印刷

140文字以内の文章を「つぶやく」というサービスで世界的に知られる「Twitter」は、文字数の上限を1万字まで拡大することになった。米国のテクノロジー系ニュースサイト「Re/code」が1月5日に報じた

Re/codeの報道を受けてTwitter社のジャック・ドーシーCEOが6日、画像付きツイートを投稿。「文章を写真に撮ってツイートする人を見てきたが、それなら最初からテキストを打ち込める方が検索もできるし、検索結果をハイライトできるから、より便利にパワフルになるだろう」と、報道の大まかな内容を認めている。

ウォール・ストリート・ジャーナルの続報によると、今回の変更は3月末に発表される予定だ。Twitter社関係者の話として、現在のTwitterのインターフェイスを維持するために140文字より長い投稿を読む場合は、クリックして続きを読む必要があるという。

なお、Twitterの利用者同士で直接送る「ダイレクトメッセージ」については、2015年8月に140文字制限を撤廃し、1万字まで投稿できるようになっていた。

▼画像クリックで展開します▼

Close
IT企業の創業者画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

Twitter、ツイートの最大文字数を1万文字に変更か

企業向けチャットSlackで元Twitterのエイプリル・アンダーウッドがプロダクト担当副社長に

TwitterのMac版公式アプリが近代的なアップデート、タイムライン上での動画再生など

米ツイッター、文字数制限1万字へ拡大か ITサイト報道