Huffpost Japan

ゼロ戦が帰ってきた。1月27日にテスト飛行、国内初の動態保存へ

投稿日: 更新:
ZERO1
FACEBOOK/ZROSATOGAERI
印刷

「ゼロ戦」のニックネームで知られる旧日本軍の零式艦上戦闘機が、再び日本の空を舞うことになった。1941年の真珠湾攻撃などで主力を務め、1945年の終戦までに約1万機が製造されたが、飛行可能な状態で残っている機体は、6機だけ。このうち、唯一の日本人オーナーが所有する機体が1月27日、鹿児島県の海上自衛隊鹿屋基地でテスト飛行するという。産経ニュースなどが報じた。

本当に長く、長く、情報を出せなくて申し訳ありませんでしたその経緯については、詳細を申し上げることは避けますがまずは、この場を借りて関係各所に心から御礼を申し上げますまた、何よりこれまでプロジェクトを支えてくれた皆様に御礼申し上げます...

Posted by 零式艦上戦闘機 里帰りプロジェクト on 2016年1月20日


飛行予定日は27日で、28、29日が予備日。基地内は立ち入り禁止だが、周辺で飛ぶ様子を見ることはできる。テスト飛行後は、飛べる状態を維持する「動態保存」を国内で初めて実施。鹿屋基地から他の空港へ飛行する一般公開を予定している。

この機体は、もともとパプアニューギニアで激戦地となったラバウル近郊に放置されていた零戦22型。アメリカ人が1970年代に入手し、飛べるように復元していた。これをニュージーランドを拠点に、フライトジャケットの製造・販売会社を経営する石塚政秀氏(54)が2008年ごろ、3億5000万円の私財を投じて購入。牧場や自宅、車などを売り払って資金をかき集めたという。


2014年9月に分解した状態で日本に到着。駐機先は、自衛隊員の研修用機材にすることを条件に、鹿屋基地になった。クラウドファンディングで支援金を募って、機体の整備費用に充てた

石塚氏は「零式艦上戦闘機 里帰りプロジェクト」のFacebookページで、次のようにメッセージを出した。

零戦は、戦争の象徴ではありません。
明治維新から多くの日本国民、先人の弛まぬ努力と技術革新の結果として1940年前後に於いて世界最先端、最高峰の航空機として生まれました。
現在の日本の繁栄と平和な社会は、戦後の70年で作られたものではありません。
明治維新から150年の近代の中で日本人の誇りを持った一人一人の国民によって作り上げられたものです。
零戦はその道標としてより多くの人に正しい日本の近代の歩みを知って頂く為の遺産であり、動態保存をすることにより生きた歴史の証人として後世に伝えるべきものと考えております。
Close
零式艦上戦闘機
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

元ゼロ戦パイロット・原田要さん「戦争の罪悪で世界一、非人道的な人間 ...

戦後初 零戦、再び日本の空を舞う 「先人が築いた技術をみよ」 1月27日、鹿児島県鹿屋市

戦後初!「日本人所有」の「日本人パイロット」によるゼロ戦テスト飛行を海上自衛隊鹿屋基地で実施!

カラーのゼロ戦特攻 宇佐市塾が動画入手「ミズーリ」に突っ込む /大分

ゼロ戦が化粧直し 大刀洗平和記念館 ボランティア清掃 [福岡県]

【メガプレミアム】中国、MRJに負け惜しみ、ゼロ戦からめ揚げ足取りも…遅れとった韓国は自虐的に