NEWS

浜寺公園駅、私鉄最古の駅舎が引退 109年間「おつかれさまでした」(画像集)

2016年01月27日 23時12分 JST

109年前に建てられた南海電鉄の浜寺公園駅(堺市西区)の洋風木造駅舎が、高架化に向け営業終了することになり、1月28日未明の終電発車後に閉鎖した。私鉄で国内最古の現役駅舎とされる。朝日新聞デジタルなどが報じた。

浜寺公園駅の駅舎が引退したことを受けて、Twitter上には、「おつかれさまでした」などの声が上がった。

駅舎は東京駅丸の内駅舎の設計で知られる辰野金吾氏の事務所の設計で1907(明治40)年に建てられた。国の登録有形文化財に指定されたこの駅舎は、2027年度に完成予定の新駅舎のエントランスとして再利用されるという。

【関連記事】

▼画像クリックで展開します▼

JR北海道 駅ギャラリー

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています