NEWS

1億3000万円の値段がついた「ジャガイモの写真」が、これだ

2016年01月29日 23時12分 JST | 更新 2016年01月29日 23時39分 JST

安くて、美味しい。色々な料理に使うことができる。私たちはジャガイモが大好きだ。しかし、「Potato #345」と名付けられたこの作品に100万ユーロ(約1億3000万円)払った人がいると言ったら、驚かない人はいないだろう。

「Potato #345」


この作品はアイルランド出身のケヴィン・アボッシュさんによるもの。アボッシュさんはアイルランド出身の芸術家で、ジョニー・デップやスティーブン・スピルバーグ監督などの顔を撮影した肖像写真で知られている。

アボッシュさんは1月20日、ビジネス・インサイダーのインタビューで、2015年に「Potato #345」を100万ユーロで売ったことを明かした。

アボッシュさんの作品は通常2000万円程度で取引されていて、主な顧客は有名人やシリコンバレーで活躍する社長だという。Peta Pixelによると、「Potato #345」は今まで取引されたアボッシュさんの作品の中で最高値を記録した。

写真を買ったのはヨーロッパの実業家の男性で、アボッシュさんの自宅を訪れた際に何杯かワインを飲みながら商談を成立させたという。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


▼画像クリックで開きます▼

マッシュポテト10の間違い


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています